シンボルマークについて

第一楽章 岩泉の森の今

シンボルマークについて

岩泉の森林

岩泉町の森林は森林面積92,185ha、町の総面積に占める森林率は93%を誇ります。 わたしたちの生活に欠かせない空気や水をはぐくみ、木材やきのこ、 木の実といった恵みを与えてくれるこの森林を持続的に管理していくことは、 岩泉町にくらす人にとって欠かせない営みです。また町内には、林業者や木材を利用する製材業等の事業者が多くあり、 基幹産業としての林業を活性化させていくことは地域経済に大きく貢献します。

FSC森林認証

FSC®(Forest Stewardship Council®:森林管理協議会)は、ドイツに本部を置く国際機関であり「環境」「社会」「経済」の3つの視点で適切な森林管理を行っている森林を、世界共通のルールで認証しています。 2003年9月、岩泉町の森林はこのFSC森林認証を日本で13番目に取得しました。これを機に、町では森林管理の見直しや、認証林から産出された木材の積極的なPRに取り組んでいます。日本にある森林のうちFSC認証林は1.5%に留まっており、岩泉の森林はその貴重な森林のひとつといえます。 岩泉町では岩泉町役場が取りまとめたグループとしての認証を受けていますが、その面積は岩泉町の森林面積(民有林)の10%に留まっています。日本国内に数少ない、広葉樹の認証林を持つこの森林をいかし、安定的に認証材の供給を行うためにも、認証林の拡大が必要です。

FSCマーク

シンボルマークについて

第二楽章

シンボルマークについて

森づくり100年方程式

岩泉町の森林は、尾根にアカマツ、沢沿いにスギの植林地があり、中腹にはカラマツ人工林、ナラ林、さまざまな広葉樹からなる天然林がモザイク状に分布しています。適地適木と多様性をキーワードに、それぞれの森の目指すべき姿に向けた管理を行います。

岩泉町の森林ゾーニングイメージ

岩泉17樹の多様な活用

岩泉の森を代表する17種類の木。多様な森づくりから多様な商品づくりへとつなげ、
さまざまな用途の可能性を探り、いかします。

シンボルマークについて

シンボルマークについて

岩泉町産の認証材は、町内で、全国で、さまざまな形で利用されています。これからも、利用の拡大をめざします。
そして世界へ・・・。

岩泉の木 使用事例

コンダクター募集! 岩泉の森と木材産業をコーディネートする人材を募集しています

詳細はこちら

お問い合わせ

詳細はこちら

岩泉の明日の林業をつくる会

「岩泉の明日の林業をつくる会」は、岩泉町の林業、木材、建築、行政関係者を中心としたメンバーが集まり、明日の森づくりに取り組んでいます。同じ森の恩恵(めぐみ)に生かされている仲間として、ともに連携し、林業木材業の活性化に取り組んでいます。

[参加メンバー]
岩泉町森林組合、前川木材、西間林業、金寿恵運送(有)、菱和林材工業(株)、新北菱林産(株)、(株)吉本、(株)トーア木材、清水畑商事(有)、釜津田地区認証炭生産グループ、岩泉純木家具(有)、日本木材工業(有)、(株)西倉工務店、(有)佐藤工務店、岩手大学農学部、岩手県岩泉林務出張所、岩泉町役場